実験計画法解析支援ソフトウエア






実験を上手く進める為には
割が合うようにするためには

実験の結果によって得られる利益よりも実験コストの方が大きい場合は実験をする意味がありません。それを防ぐためには

繰り返し数を求め→望ましい反復数を求め→望ましい直交表を求める

ことになります。この過程で合理的な判断が得られます。

即ち望ましい直交表は繰り返し数と反復数から決められ,取り上げる因子の数から決まる訳ではありません。その因子の数がたとえ2因子であるとしても望ましい直交表がL16であるかもしれません。Eaieは望ましい繰り返し数と直交表を手際良く求めるお手伝いをします。


























MJKTOOL 金沢市桜町2-4 (IP)O5O-3491−3880 Copyright (C) 2013 MJKTOOL All Right Reserved 


検索エンジンなら検索サイト.net