実験計画法解析支援ソフトウエア





分割法とは

温度の上げ下げに時間が

そしてコストも

あなたなら どうしますか


(直交表L8の例)

方法
実験順序例の実験順序を確認後下記をお読みください。)
普通の実験では実験の偏りを無くする為に実験順序はランダム化します。この為に水準変更に余計な手間が掛かってしまいます。この不都合を無くするのが分割法です。
分割法では水準変更の難しいものから1群,2群,3群等と分割します。上の例では因子Aが最も難しい因子として扱われています。A1が1〜4,A2が5〜でそれぞれ連続しています。その間因子Aの水準変更はありません。
このソフトウエアでは幾つかの分割パターンを準備しています。分割法では分散分析における実験間誤差が群毎に出てきます。トータルの実験間誤差はランダム化された実験順序におけるそれと変わりはありません。
仕組みは以上の通りです。分割パターンの選択など,そして様々な計算ステップはこのアプリケーションにお任せを


















MJKTOOL 金沢市桜町2-4 (IP)O5O-3491−3880 Copyright (C) 2013 MJKTOOL All Right Reserved 


検索エンジンなら検索サイト.net